育毛

育毛剤に含まれる成分を解説

一般的に育毛剤に含まれている成分を、ここでは説明します。

 

最初に説明するのは、男性型脱毛症を予防する効果がある成分です。
ジヒドロテストステロンが、男性型脱毛症の原因となります。

 

フィナステリドが、ジヒドロテストステロンを抑制する働きがあるとして有名です。プロペシアとして呼ばれているのが、医薬品のフィナステリド製剤です。

 

市販されている医薬部外品にも、似たような働きをする成分があります。具体的にいうと、チョウジ抽出液、ビワ葉エキスやオウゴンエキス、ヒオウギエキス、キャピキスル等があります。

 

さらに、育毛サプリメントによく含まれている亜鉛、ノコギリヤシやイソフラボンについても同様の効果が期待できます。

発毛作用があるとして有名な成分は、ミノキシジルです。

 

他には、海藻抽出液、センブリ抽出液やニンジンエキス、ゲンチアナエキスやキャピキシルなどもあります。

 

実は知らない人も多いかもしれないですが、女の人専用の育毛剤というものが存在します。
異性間では毛髪が薄くなる原因が違っていますから、男性と女の人、両方で使える育毛剤を使用するよりも女の人のために開発された育毛剤の方が目に見えて成果が出ると思います。

 

ですが、男女兼用の商品を使ったとして充分なほどに効果が出てくる人もいらっしゃるので、商品と髪の質との関係にもよります。

 

もしかして、薄毛かもしれないと思われたら少しでも早く育毛剤を使用することが薄毛対策には重要です。

育毛剤と呼ばれるものの中には、主に5つ存在しています。育毛剤、発毛剤、養毛剤、発毛促進剤、スカルプエッセンスです。

 

発毛剤ですが、これは医薬品であり、一番効果があります。
その次に効果を期待できるのが、医薬部外品である育毛剤です。厳密な定義がないのが発毛促進剤です。スカルプエッセンスと養毛剤は化粧品に分類されます。スカルプエッセンスが化粧品なのは、含まれているキャピキシルが医薬部外品の成分として、認められていないためです。
キャピキシルについては、毛母細胞を活性化することと、ジヒドロテストステロンを抑制することが期待されています。養毛剤については、頭皮ケアと抜け毛の予防の化粧品です。

 

養毛剤は、育毛シャンプーと育毛剤の間をとったような商品で、それなら育毛剤が良いかなと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です