育毛

育毛剤・育毛サプリとは何か

よく育毛剤といわれますが、種類でわけると5種類となります。発毛剤、育毛剤、養毛剤、発毛促進剤、そしてスカルプエッセンスです。
発毛剤ですが、これは医薬品であり、一番効果があります。育毛剤は医薬部外品となり、次に効果が期待できます。厳密に定義されているわけではないのが発毛促進剤です。スカルプエッセンスと養毛剤は化粧品に分類されます。

スカルプエッセンスは化粧品ですが、成分のキャピキシルが医薬部外品であると認められていないためです。
キャピキシルの効果としては、毛母細胞活性化、およびジヒドロテストステロンの抑制が期待されています。養毛剤については、頭皮ケアと抜け毛の予防の化粧品です。養毛剤は、育毛シャンプーと育毛剤の間をとったような商品で、それなら育毛剤が良いかなと思います。一般的に、育毛サプリメントに含まれている成分を、今から説明します。

第一として、男性型脱毛症予防効果が期待される成分の解説です。

たいていジヒドロテストステロンが、男性型脱毛症の原因となります。育毛サプリメントに良く配合されている成分でよくあるノコギリヤシ抽出液は、ジヒドロテストステロン抑制を目的としています。他には、同じような働きをするとされる成分として、フィーバーフューや亜鉛、イソフラボンがあります。毛が生えてくるのを促進するためには、血流改善のための成分も大事です。必須アミノ酸であるバリンやロイシン、イソロイシンはBCAAと言う成分で、髪の毛の構成要素となります。また、イソフラボンとカプサイシンによるIGF理論と、イチョウ葉エキスによって髪の毛の発毛を促進するサプリもあります。髪の合成を重視する場合、ケラチンやミレットエキスで髪に蛋白質を供給する方法があります。

これまでに書いた成分を食事だけでとろうとするとかなり困難です。育毛剤の主な配合成分をこれからせつめいします。まずは男性型脱毛症を予防する成分についてです。

 

男性型脱毛症は、ジヒドロテストステロンが原因となります。ジヒドロテストステロン抑制効果がある、有名なものはフィナステリドです。

フィナステリド製剤は医薬品ですが、プロペシアと呼ばれています。

 

同じような働きをする成分は、市販されている医薬部外品などに含まれています。

 

それは、例えばオウゴン抽出液、チョウジ抽出液、ビワ葉エキス、ヒオウギ抽出液、キャピキスルなどです。

亜鉛、イソフラボンやノコギリヤシも、似た効果があるとされ、これらは育毛サプリメントによく配合されている成分です。

発毛作用があるとして有名な成分は、ミノキシジルです。

ニンジンエキス、センブリエキスや海藻エキス、ゲンチアナ抽出液やキャピキシル等が似たような成分として有名です。

 

実際に、どのような状態を薄毛としてよいのか、判断が難しいという意見をよく聞きます。そういった場合は、画像で見るのが一番です。参考となる記事を紹介します。

つむじ 薄い 基準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です