育毛

AGAを予防する育毛剤の成分とは

育毛剤の一般的な成分について、解説します。まずは男性型脱毛症を予防する成分についてです。
男性型脱毛症は、ジヒドロテストステロンが原因となります。
フィナステリドは、ジヒドロテストステロンを抑制する効果があることで有名です。プロペシアとして呼ばれているのが、医薬品のフィナステリド製剤です。市販されている医薬部外品にも、似たような働きをする成分があります。どういうものかというと、ビワ葉エキス、ヒオウギエキスやオウゴンエキス、チョウジエキス、キャピキスル等になります。

亜鉛、イソフラボンやノコギリヤシも、似た効果があるとされ、これらは育毛サプリメントによく配合されている成分です。

ミノキシジルというのは、発毛効果があるとして有名な成分です。似たようなものとして、ニンジンエキス、海藻エキス、センブリ抽出液やゲンチアナエキスやキャピキシル等があります。一般的に育毛剤と呼ばれるものですが、大きく5つにわけることができます。発毛剤、発毛促進剤、育毛剤、養毛剤、スカルプエッセンスがあります。

 

発毛剤ですが、これは医薬品であり、一番効果があります。

 

育毛剤は医薬部外品となり、次に効果が期待できます。

 

厳密に定義されているわけではないのが発毛促進剤です。

 

スカルプエッセンス、養毛剤は化粧品の一種です。スカルプエッセンスが化粧品なのは、含まれているキャピキシルが医薬部外品の成分として、認められていないためです。
キャピキシルについては、毛母細胞を活性化することと、ジヒドロテストステロンを抑制することが期待されています。養毛剤については、頭皮ケアと抜け毛の予防の化粧品です。養毛剤は、育毛シャンプーと育毛剤の間をとったような商品で、それなら育毛剤が良いかなと思います。

育毛サプリメントの一般的な成分について、ここで解説します。
まず最初に説明するのは、男性型脱毛症を予防する効果がある成分からです。
ジヒドロテストステロンが、男性型脱毛症を引き起こしています。ジヒドロテストステロン抑制のために育毛サプリに良く含まれているのは、ノコギリヤシエキスです。他には、同じような働きをするとされる成分として、フィーバーフューや亜鉛、イソフラボンがあります。

 

毛が生えてくるのを促進するためには、血流改善のための成分も大事です。

 

髪の毛の構成要素となる成分のBCAAは、必須アミノ酸のイソロイシンやロイシン、バリンです。イソフラボンとカプサイシンがIGF理論というもので、発毛を促すサプリメントも登場しています。

 

ミレットエキスやケラチン等で、髪にタンパク質を補うという理論を重視しているものもあります。

 

今説明した成分は、食事のみでとるのは結構むずかしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です