育毛

育毛剤とは大きくわけると5種類

よく育毛剤といわれますが、種類でわけると5種類となります。
育毛剤、養毛剤、発毛剤、発毛促進剤、そしてスカルプエッセンスになります。最も効果が高いのが、医薬品である発毛剤です。育毛剤ですが、これは医薬部外品であり、次に効果が期待されます。厳密に定義されているわけではないのが発毛促進剤です。スカルプエッセンス、養毛剤は化粧品の一種です。

 

スカルプエッセンスが化粧品なのは、含まれているキャピキシルが医薬部外品の成分として、認められていないためです。キャピキシルについては、毛母細胞を活性化することと、ジヒドロテストステロンを抑制することが期待されています。抜け毛の予防と頭皮ケアと目的とする化粧品が、養毛剤です。養毛剤は育毛剤と育毛シャンプーの間のような感じでどちらかというと育毛剤がおすすめです。

育毛サプリメントの一般的な成分について、ここで解説します。
一番最初は、男性型脱毛症を予防する成分についてです。

 

たいていジヒドロテストステロンが、男性型脱毛症の原因となります。
育毛サプリに良く配合されている成分でよくあるノコギリヤシエキスは、ジヒドロテストステロン抑制を目的としています。

他には、同じような働きをするとされる成分として、フィーバーフューや亜鉛、イソフラボンがあります。
毛が生えてくるのを促進するためには、血流改善のための成分も大事です。

 

必須アミノ酸であるバリンやロイシン、イソロイシンはBCAAと言う成分で、髪の毛の構成要素となります。

イチョウ葉エキスやカプサイシンなどによって発毛の助けとなるようなサプリもでてきています。ケラチン、ミレットエキスで髪のタンパク質を補給し髪の合成に力をいれるものもあります。

これらの成分は食事だけで摂取するのはなかなか大変です。

「育毛剤なんてオジサンが使うものでしょ」なんて思っていませんか?今では女の人専用の育毛剤もあるんです!テレビや雑誌で薄毛の原因が紹介されたりしています。でも、実はこの原因が男女間で異なるので、男女両方で使用できる汎用の育毛剤を使うよりも女の人のみに対応しているものの方がより効果が現れるでしょう。

しかしながら、男女兼用の育毛剤を使用して充分なほどに効果が出てくる人もいらっしゃるので、商品と髪の質との関係にもよります。程度は問わず、薄毛の可能性を感じたら少しでも早く育毛剤を使用することが薄毛対策には重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です